コラム

2020.12.18
不動産の物件情報に掲載すべき情報とは

不動産を紹介するWEBサイトを構築するのであれば、制作会社にはできるだけ詳細な要望を伝えておきましょう。例えば、物件を検索しても把握しづらい「学区」や「買い物の利便性」など、自社サイトでどのように紹介すべきか。今回は具体例を踏まえて考えてみます。

不動産における学区の重要性

学区とは、市町村の定める通学区域のこと。
不動産を探す際は、「無理なく通学できる場所に学校があるか」、すなわち「通学先と不動産がどのような位置関係にあるのか」、選定の基準とする顧客が少なくありません。例えば子育て中の世帯は、学区を優先して立地条件を考える傾向が顕著ですし、「転校はさせたくない」という思いから同じ学区内で引っ越し先を選ぶケースも多いようです。
[物件住所を入力するだけで学区エリア表示できるHP]

不動産と「買い物の利便性」

不動産を検索するうえで無視できないのが商業施設の存在。
特に日常的に利用するコンビニ、スーパー、ショッピングモール、ドラッグストアなど、多くの顧客が「近場にどれだけ買い物スポットがあるか」を考慮しています。顧客によっては「駅から徒歩何分か」という情報よりも、より重要なポイントとなるでしょう。

しかし学区や商業施設は可視化しづらい

学区も商業施設も、物件を選ぶ際の優先順位はけして低くはありません。
しかし、多くの不動産サイトにおいて、その存在は軽視されています。
物件を検索しても、容易には学校との位置関係(通学時間)を把握できませんし、商業施設の多寡もネット上では分かりづらいわけですね。
実際に、「ネットでは分からないから現地に足を運ぶ」顧客が多く、そのことは「WEBサービスの機会損失」=欠陥を意味します。

大切なのは顧客のニーズを押さえること

学区も商業施設も、WEB上のマップで確認すればおおよその「感じ」はつかめます。
ホームページ制作においては大切なのは、その「感じ」をどれだけ分かりやすく可視化し、あるいは数値化できるか、ということ。
理想としては、一目で学区の範囲が分かる、商業施設の有無や位置関係が把握できる、そのようなサイトを構築しなくてはなりません。
つまり、「他サイトが取りこぼしている情報」を網羅するわけですね。

最後に

とはいえ、ホームページ制作を依頼するとき、依頼者がその仕組みや方法に頭を悩ませる必要はありません。
システムやサイトを構築するのは専門の技術者であり、依頼者は「顧客のニーズ」を伝えるだけで十分。
どのようなサイトを目指したいのか、そのビジョンさえ明確にしておけば問題ないのです。
信頼の置ける業者であれば、依頼者から丁寧にヒアリングを行い、そのサポートをしてくれるはず。
現状、他社のサイトが取りこぼしている情報を、どのようにPRすべきか、ぜひWEBデザインの業者とじっくり話し合ってみてください。

PR

物件住所を入力するだけで通学エリアやお買いもの情報などを自動表示できる不動産専用ワードプレステーマ