エリアポータルクラウド

令和時代へ向けて。これからの不動産経営。

不動産業界は新規顧客の開拓をし続けなければ売り上げが確保できませんでした。
新規顧客の数は減り続けていく中、多くの不動産会社が新規顧客の獲得競争に多大な費用を支出し、競争を余儀なくされています。
昨今、不動産会社利用する集客ツールのひとつにポータルサイトがあります。
ポータルサイトとは大手広告代理店が運営するコンシューマー向けポータルサイト”スーモ、ホームズ、アットホーム”などです。
不動産会社はポータルサイトを利用しながら競合他社との過酷な価格競争に陥っているのが現状です。
さらにポータルサイトに物件広告を掲載する人的コスト削減のために営業マンや経営者が物件登録を行っています。
本来、不動産会社はエンドユーザーの為に不動産を仲介するのが使命でありパソコンを使って物件を登録するのが使命ではないと考えております。
そのうえで、不動産会社が正しくお客様に営業できるようにエリアポータルが誕生しました。
エリアポータルは、任意のエリア内にある売出中のマンション情報をレインズから自動で収集、編集してホームページに掲載します。日々レインズデータを参照していますので値下げ物件情報なども表示できるのが特徴です。不動産会社が今まで行っていた物件登録作業は一切不要となります。

獲得できる物件情報

物件情報管理

エリアポータルクラウドでは公開されている不動産ビックデータ、通称”レインズ”から任意の物件情報を収集/成形して獲得しています。獲得できる物件情報の項目は以下項目になります。
物件種目手数料納戸数修繕積立金1
取引態様建築面積現況修繕積立金2
取引条件の有効期限延べ面積現況予定年月施主
取引状況都道府県名引渡時期施工会社名
取引状況の補足所在地名1引渡年月駐車場在否
商号所在地名2
入居年月日駐車場月額
代表電話番号所在地名3建物構造うち駐車場月額消費税
問合せ先電話番号建物名地上階層駐車場距離
問合せ担当者部屋番号地下階層駐車場形式
担当者電話番号棟番号所在階設備・条件・住宅性能等
価格その他所在地表示築年月設備(フリースペース)
変更前価格沿線名1築年月条件(フリースペース)
㎡単価駅名1総戸数オーナーチェンジ
坪単価駅より徒歩1棟総戸数図面
面積計測方式駅より車1報酬形態建物説明分
専有面積駅よりバス1用途地域1駅のエリアレポート
バルコニー(テラス)面積バス停より徒歩1最適用途幼稚園・保育園
専用庭面積バス路線名1管理組合有無小学校通学エリア
土地共有持分面積バス停名称1管理費中学校通学エリア
土地共有持分その他交通手段管理費帯バス停名
土地共有持分交通管理形態ストリートビュー
開発面積/総面積間取タイプ1管理会社名
手数料割合率間取部屋数1管理人状況

物件情報以外の近隣情報

物件の近隣情報としてエリアポータルクラウドの独自機能として以下の項目を獲得することができます。

(1) 最寄駅から物件までのバス停名と距離
(2) 小学校の通学エリア
(3) 中学校の通学エリア
(4) 保育園、幼稚園の名称と距離、くちこみ情報
(5) 建物の用途地域
(6) ストリートビュー
(7) 物件近隣エリアの「商業施設」「文化施設」「医療施設」「福祉施設」「お買い物情報」の名称と距離情報
(8) 物件のくちこみ情報

人材配置

反響スタッフ振り分け

スタッフが最も得意とする「エリア、物件種別、ユーザー属性(家族構成など)」を効率よく振り分け、商談することができます。

顧客対応

問合せ管理

問い合わせがあった物件の内容によって対応するスタッフを自動で振り分けます。
予めスタッフのステータスをバックエンドで登録することで最も得意とする反響種別をスタッフが獲得できます。

物件査定

簡易売却査定

過去240万件以上の取引された売却査定データを元におおよその販売価格を算出します。
エリアポータル管理画面上でいつでも閲覧することができます。これにより査定額算出に数日間かかっていた手間を簡略化する事でスピーディーに査定額をユーザーに共有することができます。

査定書作成機能

簡易査定より算出した売却価格を査定書としてユーザーに共有することができます。
査定書の形式はpdfになります。

経営・マーケティング支援

不動産経営の基幹であるマーケティング支援として、エリアレポートでは市区町村単位の成約件数、取引成立エリア、成約価格を時系列と管理画面上の地図上に可視化することができます。不動産会社の商圏エリア内でどこのエリアにどの広告を配信するかのマーケティング支援を行っています。

経営計画サポート/予算割り振り

事例)練馬区エリアでポスティング(チラシ配布)を効率よく行う場合。

eigyo-support1

練馬区内で成約した物件の数が100件以上のエリアにポスティングする計画を立てたとします。

eigyo-support2

これにより「豊玉上エリア」にポスティングを行ったほうが効率的だということがわかります。

不動産分析

自動物件情報機能

エリアポータルクラウドで掲載している物件情報はビックデータを活用して自動で収集しています。自動で収集できる内容は上記「獲得できる物件情報」にある項目になります。これにより不動産会社は過去に売り出していた販売価格や条件をデータとしてデータとしてストックすることができるので価格推移などをグラフしユーザーに提供することができます。これによりユーザーは物件の購入時期を客観的に判断することができます。

機能一覧

物件連動項目   オプション項目
自動物件情報機能
バス停名表示
小学校の通学エリア表示
中学校の通学エリア表示
保育園、幼稚園表示
くちこみ情報
建物の用途地域表示
ストリートビュー
商業施設表示
文化施設表示
医療施設表示
福祉施設表示
お買い物施設表示
物件のくちこみ情報
用途地域表示
道のり表示
ローンシミュレーター
法改正後の価格表示
価格推移グラフ表示(※1)
関連物件表示
エリアレポート表示
物件印刷機能(※3)
査定額算出機能
査定書作成機能
反響スタッフ振り分け機能(※4)
経営・マーケティング支援機能(※5)
  • ※1 変動した販売価格をグラフ化+変動率表示を行う機能です。
  • ※2 PC、タブレット、スマートフォンなど、異なる画面サイズの幅を基準にウェブサイト表示を調整して最適な表示にすることを指します。
  • ※3 ユーザー用に物件チラシをPDFで作成する機能です。
  • ※4 上記「人材配置」参照
  • ※5 上記「経営・マーケティング支援」参照

エリアレポートクラウド基本料金

基本料金

導入費 1,000,000円(税別)
月額料金 100,000円(税別)

ご契約前に弊社スタッフと打ち合わせを行わせていただき利用開始までの詳細なスケジュール、運用方法などを共有します。
ご利用開始はご契約から約10日営業日後になります。

資料請求

会社名 (必須)

ご担当者名 (必須)

ご住所 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

ページトップ