20170501_7

海外の不動産流通のしくみとは?

| コメントなし

20170501_9

日本と海外では、不動産流通の仕組みが違うとされています。日本では当たり前となっているサービスは用意されていなかったり、お金の面での違いもあります。海外の不動産へ参入したいと思っている場合、この違いを知っていないと大変な思いをすることもあります。

物件情報はネットで全て閲覧できる

日本の場合は、一分の情報はネット上でも閲覧できますが、閲覧できない情報も多くなっています。不動産業者に相談して、実際に見学したり話を聞いたりと、手間がかかるものとなります。アメリカの例ですが、不動産の情報はネットで全て公開されています。不動産を購入したい時、エージェントとされている人がどのような物件なのかを紹介する他、更に似ている物件についてどれくらいで成約されているかなど、購入に関わる情報が全てわかるようになっています。
この時ポジティブなコメントは日本でも書かれていますが、海外ではネガティブなことも書かれています。この部分が良くないとか、明らかに他よりも劣っているなど、辛辣なことまでしっかり書かれているのです。不動産本来の勝ち、そして住んだ時にぜんぜん違うなどの問題が起きないように、ネガティブなことも積極的に書いているのです。ここは日本とは全く違うことです。
日本とは異なり、不動産に関連する情報がほぼ全て見ることのできる状況が作られていて、かなり幅広い情報を見て考えていくことが出います。

Closeup

手数料の概念が異なる

購入する人が、不動産仲介手数料を支払うことはありません。日本では購入する人が仲介手数料を支払うことが多いのですが、手数料を払うのは売る側です。この時点で日本と海外では明らかに違っており、海外の場合は売る人が仲介してもらうためにお金を払って、どんどん宣伝してもらったり、購入してもらうための情報を出してもらうようにしています。
この手数料は6%に固定されていて、それ以上は支払う必要がありません。6%はやすいように思われますが、かなり高額な物件になっていると相当高くなってしまい、ちょっとした数字とは言えない状態になります。
また不動産会社1つと話をする形ではなく、第3者という立場でいろいろな話をしてくれるところがあり、そちらと相談しながら購入を進める形になります。つまりネガティブな情報も簡単に聞くことができて、悪い部分を隠されないなどのメリットを持っています。
日本とは手数料も内容も異なってきて、海外はちょっと調べるだけで不動産の情報は多くてに入るようになっているのです。

■この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページトップ