20170501_1

不動産会社の社長のお給料はどれくらい?

| コメントなし

20170501_3

不動産業界は、社長がかなり稼げているとされています。どれくらいの給料をもらって、年収としてはどこまで伸びるのか、知っていると挑戦したいと感じたくなるかもしれません。結構稼ぎを持っている人が多いので、相当な収入を確保して、自分の生活にもいい影響が出てくることは間違いありません。

年収は5000万円オーバーもある

一般的に不動産業界は、利益が出やすい特性を持っていて、利益がどんどん増えてくる傾向にあります。特に多いのが大型のマンションを扱っている不動産業者で、こうした大きなものを作って販売すると、巨額の利益が出ることもあります。逆に小さいところを運営していると、薄利多売と呼ばれる状態になるので収入が減る傾向にあります。大きなもの販売していることは、相当な利益を確保できるチャンスを持っているのです。

年収については、5000万円オーバーも可能になる業界です。大きなマンションの販売に成功していれば、それだけ収入面は安定するようになり、次々とお金が入ってくることになります。ここまで行くには、大きな株式会社として仕事をしなければなりませんが、個人で行っている不動産業者でも、1000万円くらいの年収を確保することは容易とされていて、意外と1000万円以上の年収を稼げている業者は多くなっているのです。
販売している商品から、次々と利益が出てくることがわかっているので、売れれば売れるほど儲かるのが不動産業界と考えていいです。こうした得れ続ける状況を作り出すことができれば、社長は年収として多くの金銭を得ることができるのです。

Japanese Yen of salary

近年は更に高収入化が進んでいる

高級マンションが次々と建設されるようになり、徐々に地方でもそのチャンスが生まれるようになりました。地方の不動産業者でも、年収5000万円以上という社長は出ているくらいで、都市部でしか行えない状況というわけでもありません。最近は地方でもそうした環境が作られることで、多くの方が年収を増やすことに成功しています。
社長はとにかく大きなものを購入することと、できる限り利益に繋がる環境を考えていくことです。あまり利益にならないものを購入して、勝負をしても薄利多売になってしまい、思ったほどの利益になりません。大きなものに参入していればいるほど、そのチャンスは大きく増えることになるので、場合によってはかなりの収入源を1つの不動産で得られます。だからこそ5000万円オーバーは出てくることになるのです。

■この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページトップ