index20170219_26

【不動産会社のコスト削減策】ホームページ集客の仕掛けとは?

| コメントなし

会社のホームページは、集客に役立っていますか?

あなたの会社のホームページは、お客さまを呼び寄せることができていますか?
デザインセンスがいいというだけで、満足していませんか?

不動産業界に限らず、多くの分野で、ホームページによる集客力に差が出ています。
儲かっている経営者は、ホームページ対策を強化しています。ひと昔前なら、テレビの出演こそ反響があり広告の効果があったかもしれません。
ところが最近では、儲かっている経営者は「ネットで商品などを検索する人を直接、獲得できるホームページ」こそ、グッと収益をあげるとわかっています。
不動産会社にとっても、ホームページは無視できない営業のツールです。

ホームページ集客術は、コスト削減に効果大

営業は今でも、一人ひとりの力量に問われる面は大きいです。
しかし、お問い合わせまでの一歩、つまり広告や集客という面では、人海戦術でなんとかできるわけではありません。

あなたの会社では、ひとりのお客さまを集客するために、どのぐらいの経費がかかっていますか?
集客にかかる経費を、集客単価と言います。
たとえば、ネット広告に 30 万円かけ、5 人の集客があれば、一人あたりの集客単価は 6万円です。
検索に強いホームページは、マーケティングに直結します。不動産をさがしているお客さまと、ピッタリ合う不動産をマッチングさせます。集客単価はコスト削減につながります。

検索で上位を獲得できるホームページを持っているメリットは他にもあります。
広告をうまく利用することで物件を探すお客さまが、何度も繰り返し閲覧してもらう可能性が多くなり結果的にお問合せに繋がります。

index20170219_25

利益をあげている会社のホームページの仕掛けとは?

集客できるホームページは、まず、検索ワード対策が施されている状態が求められます。検索に適した内容や言葉のチョイス、検索に合ったキーワードが必要です。

さらに、お客さまが問い合わせするだけの信頼感を持つには、好感度のあるデザインや不動産の紹介と丁寧な説明が必要です。
デザイン重視だけでも意味がありませんし、わかりづらい内容でも意味がありません。利益をあげている会社のホームページは、営業の視点で戦略的に制作されています。

まだまだ営業力を発揮していないホームページで対応している会社が多い不動産業界です。
いま、このタイミングで、ホームページ広告で、集客単価のコスト削減を実現し、有利にビジネスを進めましょう。

■この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページトップ