1245-150x150

【定例会レポート】経営者又はマネージャーが反響単価を把握して、反響の優先順位を意識しているか。

| コメントなし

当社は簡単不動産proをご利用中の企業様に対して毎月定例会を実施しております。
定例会を重ねることで、今ホームページに不足している情報やコンテンツなどを企業様と共有し目的を達成するための改善を繰りかえります。
本レポートは実際に行われている定例会の一部の情報の抜粋になります。

定例会レポート 企業データ

販売種目:売買70%/賃貸30%
自社ホームページの目的:1、会員登録のリスト収集 2、エンドユーザーからの買い問合せ 3、売却査定
エリア:関東エリア
従業員:9名
競合ランク:A ※当社がランク付けした指標になります
免許番号:(3)

自社ホームページアクセス数

1反響に対して訪問人数が平均350人~450人。

訪問人数ベージビュー数
8月3291人15700 pv
9月
3521 人17102 pv
10月
3150 人14039 pv
11月3663 人17894 pv

ポータルサイトの反響単価

ポータルサイトの月間広告費は合計120,000円となり不動産会社としては今後もポータルサイトを活用していく方針。
ポータルサイト「A」反響本数ポータルサイト「H」反響本数ポータルサイト「S」反響本数反響単価 / 本初回面談率
8月4本2本3本¥13,50015%
9月4本1本4本¥13,50010%
10月3本2本5本¥12,00015%
11月5本2本4本¥10,90020%

自社ホームページの反響単価

自社ホームページからの反響は効率的だと改めて実感し今以上に費用対効果を高めていく。

自社HP反響本数反響単価/本初回面談率
8月8本¥4,00030%
9月
8本¥4,00040%
10月
7本¥5,00020%
11月11本¥3,00025%

結論

今回は各媒体の反響単価を算出しました。
すると自社ホームページからの反響単価は5000円を下回っていることが分かりました。一方、ポータルサイトは平均して12,000円と比較的低コストですが接触できる確率も20%以下となりました。
営業マンにとってはポータルサイトからの反響も自社サイトからの電話反響も同列に考えがちですが、集客コストを見える化する事で優先的に接触すべき反響がどちらかというのが明確になりました。

次月に向けての施策
・自社ホームページ→反響数は今のところ十分。初回面談に繋がる営業を意識する(具体例はここでは割愛)
・ポータルサイト→反響単価が10,000円以下になるように物件を効率よく掲載する。またポータルサイト担当者に情報共有してもらう。

 

担当:野島
パソコンのメインモニターを27インチに変更したら背筋が伸びた!目線って重要と感じた40歳、厄年。

■この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ページトップ